美容クリニック(美容外科/美容皮膚科)のナースの給与・賞与は? 転職するメリット・デメリットと合わせて紹介!

image1-17

近年、街中で美容クリニックをよく見かけるようになりました。

その背景には、美容ブームがあります。

技術の進歩により、保険適用外の施術が比較的安価で受けられるようになってきたことや、「綺麗でありたい」という美意識の向上から、美容系クリニックが求められるようになってきています。

ニーズの増加とともに、美容クリニックの求人も増えており転職を考える看護師が増えてきました。

病棟で医療行為や看護ケアを行うイメージが強い看護師ですが、看護師が活躍できる場所は他にもたくさんあります。

そこで今回は、美容系クリニックの仕事内容や給与、転職するメリット・デメリットについてお話します。

美容系クリニックは、普通のクリニックのように患者様の病気を治療する場ではなく、健康な方に専門的な美容医療を提供することを目的とした医療機関です。

もちろん、皮膚疾患等の治療に来られる患者様もいらっしゃいますが、多くが美を追求しいつまでも美しくありたいという方のためにサービスを提供しています。

そのため、サービス業的な部分が強く、一般的な医療機関のように患者様ではなく「お客様」としてお呼びするところもあります。

仕事内容

美容系クリニックの仕事内容は、以下のようなものが挙げられます。

カウンセリング

施術前にどのようなお悩みを抱えているか、それに対して希望の施術はあるかなど、ヒアリングや適切な施術のご提案などを行います。

また、不安を感じないように施術の流れやダウンタイム、料金の説明もあらかじめ理解していただくことも重要です。

クリニックによっては、カウンセラーを配置しているところもあり看護師の業務に含まれていないこともあります。

診療の補助

カウンセリング後、医師が診察を行いやすいように環境を整えたり、サポートしたりします。

脱毛

医療脱毛とエステ脱毛がありますが、それぞれ異なります。

エステ脱毛は、資格がなくても施術を行うことができますが、基本的には一時的な脱毛しか行えません。

一方医療脱毛は、医師が肌の状態の診察を行った上で、医師と正看護師のみが施術を行います。

機械の照射パワーが強く、永久脱毛効果があります。

注射

医師が指示した点滴や注射を実施します。

近年、美容点滴や注射もプラセンタ・高濃度ビタミンC・白玉・にんにく・ボトックス等、本当に多くの種類が出てきています。

ケミカルピーリング

ニキビやシミに悩んでいる肌のターンオーバーを促し、肌状態の改善を図ります。

看護師は、医師に指定された薬剤を適切に肌に塗布し、施術後の状態等も観察します。

販売業務

美容機器・化粧品・サプリなどの販売実績によってインセンティブが加算されるところや、ノルマが決められているクリニックもあります。

また、お客様から看護師を指名されることもあり、指名料が入ることもあるようです。

「営業に自信がない」「ノルマなどのプレッシャーに弱い」という人は、転職する前にクリニックや転職コンサルタントに確認してください。

手術の介助や術後のケア

美容外科では、整形手術などもありますので手術の介助や術後のケアも行います。

必要なスキル

一般的な医療技術

とくに注射や点滴は必須になるでしょう。

美容外科であれば、オペ室経験があると採用時有利になりやすいです。

接客スキル

病棟看護師ももちろん必要ですが、美容クリニックでは高いレベルの接客スキルが求められます。

また、不安を抱えているお客様も多いため、気持ちに寄り添い不安を解消した上で施術に入れるようにお客様との信頼関係の構築も重要です。

営業力

施術や新しい商品などを欲しいと思ってもらえるトーク力や、お客様とのコミュニケーション能力が必要です。

清潔感のある身だしなみと美しさ

美容クリニックで働く看護師は、肌もツヤツヤで清潔感があり若いといったイメージがあると思います。

美容クリニックで働いているスタッフは、「美容に関わることが好き!」ということもありますが、肌や体型・ヘアスタイル・メイクなど美しくあるための努力をしています。

また、美容業界は年々新しい技術や機械が登場します。

そのため、その機械の使い方や施術方法、効果など毎日のように勉強が必要です。

年齢

40代・50代の看護師で美容系クリニックで働きたいと思っても転職の選択肢から除外している人もいるのではないでしょうか。

しかし、美容クリニックに通われているお客様は40代以上の方が沢山いらっしゃいますよね。 やはり、40代以上の年齢の方のお悩みや不安に心から共感できるのは、同世代の看護師です。

また、看護師としての経験や知識・技術力も兼ね備えていますので、転職の際アピールできるポイントもたくさんあります。

たしかに、20代〜30代の看護師を中心に採用しているクリニックもありますし、40代50代を受け入れているクリニックの数は多くはないかもしれません。

ネットに出ている情報の中から自分で探すのは難しいところもあると思いますので、その際はぜひ転職サイトのコンサルタントに相談してみてくださいね。

保険診療と自由診療の違い

クリニックで受けられるサービスには、保険診療のもの自由診療のものがあります。

日本では国民皆保険制度によって、すべての人が何らかの公的な医療保険に加入し、健康保険料を支払っています。

そして保険診療では、かかった医療費の1~3割が自己負担となり、残りは国が負担してくれています。

ただし、国が認めている治療や薬のみがその対象となり、承認されていないものに関しては全額自己負担の自由診療となります。

そして美容クリニックでは、その治療の多くが保険適用外となる自由診療です。

自由診療では、クリニックが決めた価格を設定できるため、相場はありますが各クリニックによって金額が異なってきます。

美容クリニック(美容外科/美容皮膚科)のナースの給与は?

美容クリニックに転職した時の給与は気になりますよね。

平均年収やボーナスについて解説します。

平均年収

美容クリニックの看護師の平均年収は美容外科が約584万円、美容皮膚科で約575万円という結果が出ています。(賞与や各種手当を含めた金額)

美容外科と美容皮膚科に年収の差があるのは、オペ室での介助を行うことで手当がつくということが理由の一つです。

しかし、どちらにしても看護師の平均年収が約480万円ですので、やはり美容クリニックの年収は高い傾向にあると言えます。

平均月収としては、29万円〜40万円あたりが多いようです。

ほとんどの美容クリニックは夜勤がなく、日勤のみの勤務ですので、夜勤はしたくないけど給料は落としたくない、夜勤をしていても給料が安いという人には、美容クリニックへの転職はオススメです。

ボーナスの有無

美容クリニックのボーナスは、基本給2ヶ月前後と設定しているところが多いです。

病棟看護師のボーナスは、3〜4ヶ月とされているところが多いため、「意外と美容クリニックのボーナスは少ないんじゃない?」と思われるかもしれません。

美容クリニックでは基本給自体が高いですし、さらに、インセンティブが出ることもあるため、病棟看護師よりもボーナスを多くもらいやすいのです。

待遇

美容クリニックの福利厚生をご紹介します。

一般のクリニック同様、有給や交通費・家賃保証などはもちろんですが、美容クリニックならではの福利厚生もあります。

やはり、クリニック側も働くスタッフには美しくいてもらいたいものです。

そのため、美容クリニックで販売している美容機器や化粧品を社員割引の価格で購入できます。

さらに医療脱毛や美容整形なども、社割や無料で行うことができたり、美容手当を支給したりするところも。

「キレイになりたい」「美容整形したい」と考えている看護師にとっては嬉しい制度ですよね。

また、長期休暇や産休や育休が取りやすい、保育料支援制度があるなど子供がいても働きやすいと、ママさんナースにも人気があります。

美容クリニックへ転職するメリット・デメリット

次に、美容クリニックで働くメリット・デメリットについてです。

メリット

  • 転職で年収アップが見込める
  • 福利厚生が充実している
  • 夜勤がなく生活リズムを整えやすい(クリニックによっては夜勤があるところもありますので、転職コンサルタントに確認してください。)
  • 緊急入院や急変がなく、定時で仕事を終われる
  • 命に直結する場面が少なく、精神的な負担が少ない
  • 美容の知識や技術を学ぶことができ、自分自身も綺麗になれる
  • 残業が発生しにくいのでママさんナースも働きやすい
  • お客様が綺麗になって自信を持つことができるようにサポートできる

デメリット

  • 美容医療以外の看護スキルが低下してしまいやすい
  • 美容クリニックから他の科へ転職しにくい場合もある
  • クレームが多い
  • ノルマがある場合がある

転職支援サイトの活用を勧める理由

転職先を探す方法はいくつかあります。

もちろん自分自身で探してもいいのですが、美容クリニックへの転職の際はぜひ転職支援サイトを活用していただきたいです。

なぜなら、美容系のクリニックは人気があり待遇の良い求人は早い段階で埋まってしまうからです。

せっかく転職するなら、給料や人間関係・勤務形態も条件の良いところで働きたいですよね。

日々激務をこなしながら、条件のよい案件を自分で探そうと思っても難しいものです。

また、そういった条件の良い案件というのは転職コンサルタントなどに先に情報が入ります。

そのため、転職支援サイトを使って転職のプロであるコンサルタントに情報提供してもらう方が、転職に圧倒的に有利になるのです。

また、ネットでは知ることができない職場の内部情報提供や給与・待遇などの交渉なども行ってくれたり、面接のための手厚いサポートを受けたりすることができます。

人間関係が悪かった、求人情報に載っている給与情報とは違ったなど、後から分かっても転職してしまってからでは遅いですよね。

転職に失敗しないためにも、転職のプロのサポートは必要なのです。

美容系クリニックを探すなら以下の転職支援サイトがオススメ

美容クリニックへの転職を検討している方へ、ぜひ利用していただきたい転職支援サイトを5つご紹介します。

1ヶ所だけで相談することも可能ですが、できるだけ情報を集め比較することが転職成功につながりますので、複数のサイトに登録することがオススメです。

マイナビ看護師

株式会社マイナビが運営する「マイナビ看護師」は、3年連続認知度ナンバー1を誇る大手転職支援サイトです。

全国各地の転職をサポートしており、美容クリニックの求人掲載数だけで600件に上ります。(2019年9月現在での掲載数で、非公開情報は含まれません。)

マイナビ看護師の強みは、「看護師専門のキャリアアドバイザー」に相談できることです。

ネット上に掲載されている求人情報では分からない内部情報や職場の雰囲気も把握しており、希望に沿った求人の紹介をしてもらえます。

また、サイト内に転職へ向けての準備や面接の対策、キャリア形成などのノウハウについて丁寧に説明しているコラムが掲載されており、これを読むだけでもかなり勉強になります。

1分で簡単に無料登録が完了しますので、どの転職サイトに登録すれば良いか悩んでいる人は、まずマイナビ看護師から情報収集してみてください。

今すぐ登録する

美容外科求人ガイド

株式会社エイムプレイスが運営する「美容外科求人ガイド」は、その名前の通り美容クリニック専門の転職支援サイトです。

全国で約5.000件(公開・非公開求人を含む)の求人を取り扱っています。

他の科や病院ではなく、美容系看護時のみの求人を探している人はここから転職活動をスタートさせるのも良いでしょう。

美容業界に詳しい看護師専門アドバイザーが転職を手厚くサポートしてくれるため、内定率85%を達成。

総利用者数10万人を超え、利用満足度は93%という実績を誇っています。

今すぐ登録する

ジョブデポ看護師

with Career株式会社が運営する「ジョブデポ看護師」は、求人数約17万件で2万人以上が利用している、医療・介護・保育業界に特化した転職支援サイトです。

ジョブデポ看護師は、入職決定するとなんと最大40万円のお祝い金がもらえます。(入職90日後の翌月10日の時点で在籍が確認できた場合など、もらえる条件がありますので注意してください。) かなり魅力的ですよね。

広告を出さずに口コミや紹介で集客しており、広告にかけるはずの費用を転職者にキャッシュバックしているため、ほかの転職支援サイトにはない高額祝い金を出すことができるのです。

また、こちらのサイトでも逆指名ができたり、転職先との雇用条件交渉を行ってくれたりと転職コンサルタントが手厚くサポートしてくれます。

転職支援サービスは無料で利用可能ですので、ぜひ登録してみてください。

今すぐ登録する

ナースジョブ

「ナースジョブ」を運営している、株式会社メディカルジョブセンターの本社は北海道にあり、その他東京・神戸・広島・福岡に支社(を構えています。

もちろん全国の転職に対応していますが、関東だけでなく上記のエリアの転職にも強いという特徴があり、このエリアにお住いの方には特にオススメです。

メールや電話で転職先探しから入職後まで一貫して担当コンサルタントがフォローしてくれます。また、希望者には完全無料で個別転職相談も行なっております。

「利用したい看護師転職支援サービスNo.1」にも輝いている、人気の転職支援サイトです。

今すぐ登録する

ナースエージェント

株式会社プロトメディカルケアが運営する「ナースエージェント」は、求人情報数は10万件以上と非常に多く、さらに<紹介会社・派遣会社の情報も取り扱っているという面白い特徴があります。

ナースエージェントが行うのは、求人・転職紹介会社・派遣会社の紹介までで、基本的に対面での相談等はありません。

しかし、転職に悩みを抱えている方は無料で電話での相談も可能です。

ゆっくり自分のペースで転職先を探したい、頻回な連絡はして欲しくないという方にオススメです。

今すぐ登録する

まとめ

今回は、美容クリニックでの給与や待遇・仕事内容などについてお話しました。

看護師は、様々な働き方や活躍できる場があります。

今働いている職場に疑問を抱えており、美容系の仕事をしたいと考えている看護師は、一般病棟とは違う雰囲気のある美容クリニックへの転職も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

転職は人生において大きなイベントです。

転職してから後悔しないためにも、転職のプロに相談しネットでは拾うことができない情報を収集してから転職先を決めることを強くオススメします。

02_writer_komiya
小宮さき
大学卒業後大手生命保険会社での営業サポートを経て、大手メーカーで人事採用に長らく従事。採用事務から採用戦略の策定まで企業での採用業務経験を活かし、採用、転職、職業紹介のフィールドをメインとするライターに。月に数十件の記事を手掛ける。