ママナースが職場復帰に美容クリニックを選択した場合のメリットとデメリットを検証!

mother_nurse_comeback_cover

子育てが落ち着き、美容クリニックナースとして復帰を考える方は少なくありません。しかし、美容クリニックがどのようなもので、そのメリットやデメリットとしてどのようなものがあるかはあまり耳にしません。そこで、この記事では子育てからの復帰に美容クリニックナースを考えている方に向けて、これらの情報をまとめました。最後に就職活動に役立つ転職サイトも厳選して紹介しています。是非、ご覧ください。

Contents

美容クリニックナースとは

美容クリニックの種類

一般的に美容クリニックは、美容外科と美容皮膚科があります。美容外科は美容目的の形成外科であり、二重形成・フェイスリフトなどのメスを使った手術を行う医療を行います。一方、美容皮膚科ではメスよりもレーザーや注入といった治療を行い、美肌・アンチエイジング・脱毛などの施術を行います。

美容クリニックナースの仕事

美容クリニックナースは、一般的な病院やクリニックで働くナースとは異なる仕事が多いものです。医療行為として手術のサポートや医療機器の操作、カウンセリングとしてお客様の要望をヒアリング、運営業務として受付や事務作業などを行います。

医療行為としては、目、鼻の手術・脂肪吸引・豊胸手術など手術のサポートを行います。もちろん、手術中だけでなく、医療機器のセッティング・薬剤の準備も行うことがあります。また、術後の経過観察やお客様の心身ケアも役割です。美容で用いる医療機器や、美容目的で手術をするお客様のケアは一般的な病院とはひと味違います。

カウンセリングでは、お客様のニーズ・悩み・不安などと向き合って心身ともに満たされるようにしていきます。一般的な病院やクリニックでは関わることのない症例がほとんどで、なおかつ接遇スキルも要求されます。美容医療に関する知識を有しながら、良質なカウンセリングをしていきます。

美容クリニックナースに求められるスキル

美容クリニックでは、注射や点滴や手術といった看護師として馴染みあるスキルは大切です。そのため、手術室や急性期などでの経験がある場合には重宝されることでしょう。加えて、美容クリニックの最大の特徴は、来院されるお客様にあります。一般的な病院やクリニックにやって来る患者さんとは違い、高い接遇能力やコミュニケーション力が求められます。

また、近年では日本の美容医療技術を求めて海外からお客様が来ることも少なくありません。旅行コーディネーターが通訳をしてくれることが多いものですが、それでも看護師が直接的に説明やアドバイスを行える方が望ましいでしょう。もし語学に自信があるならば、働くときにアピールしてみると給料交渉などに使えるかもしれません。言語としては、英語がもちろん、近年増加する中国人に対応するための中国語も大切です。

美容クリニックナースとして復帰するメリット

子育てをしやすい生活リズムを守れる

一般的な病院では、夜勤や早出などがあるために生活リズムを変動させなければなりません。しかし、美容クリニックでは営業時間が定まっており、さらには予約制をとっているところがほとんどであるために、予定通りのスケジュールで仕事することが可能です。急患対応についてもほとんどありません。子育てが一段落したとはいえ、まだまだ家庭の時間をしっかりと充実させたい・せっかくのプライベートを仕事ばかりに割きたくないといった思いを持つ方にはぴったりでしょう。ただし、土日やGWといった繁忙期は忙しく休みが取りにくいといったこともあります。

早く帰れるのでお迎えもしやすい

子育て後の復帰で悩むものとして多いものに、子どものお迎えがあります。美容クリニックナースは、残業がほとんどないためにお迎えのスケジュールを組みやすいというメリットがあります。残業があるか直前にならないと分からない…という状況で働くことは精神的にかなり疲れてしまうものです。子育てと仕事を両立するための重要なポイントであるお迎えがしやすいことは非常に重要です。

子育て復帰であっても採用されやすい

美容クリニックにおける看護師の求人では、ブランク有や未経験者でもOKといった文面を見ることが多いものです。これは高度の技術や経験を有していなくても、院内教育によってカバーすることができることがほとんどであるためです。そのため、看護師として高いスキルが求められる一般的な病院などよりも復帰しやすいといえるでしょう。ただし、美容クリニックでは20~30歳代の看護師が多く、常に美容への意識を高く保っておく必要があるというハードルもあります。

ママナースには嬉しいお給料アップのインセンティブ

美容クリニックでは指名料や販売ノルマによるインセンティブを採用している職場もあります。これは、施術時にお客様から指名をもらうこと、新規のお客様を紹介してもらうこと、取り扱っている美容アイテムを販売することなどです。一般の病院などではこのような仕組みを導入していることは少なく、あなたの頑張りがお給料に反映されると考えると嬉しいものです。もちろん、インセンティブによって実質の給料が高くなることも考えられます。子育てが一段落すると、次にはお金の問題が降りかかってくるため、定められた時間内でインセンティブがもらえる美容クリニックはおすすめです。

社割を受けれる

多くの美容クリニックでは、社割を適用しているものです。脱毛や二重手術といった施術や、メディカルコスメの購入時などに社割を受けることができます。働きながら、お客様だけでなくあなた自身もきれいになっていくということは大変大きな魅力と考えることができます。子育て期間には、その忙しさからあなた自身の美容に時間を割けないということが少なくはなかったでしょう。働きながらきれいになることは一挙両得です。また、それによってお客様からの信頼を得ることにも繋がることもあり、やりがいにもなります。

美容クリニックナースとして復帰するデメリット

ケガや病気に対する看護観と異なる

看護師の道を選んだとき、多くの人が「病気の人に寄り添ってケアをしたい」といった医療的観点があるものです。しかし、美容クリニックにおいては健康である人が美しくなることを目的に来院します。ここで求められる看護観とは、医療的観点から見た看護観とは異なります。そのため、「思っていたのとは違う」「看護師としてこれで良いのだろうか」と悩んでしまうことがあります。特に、これまで病院で看護師として働き、復帰後の職場として美容クリニックを選択すると驚きが大きいものです。心構えをしておくようにしましょう。

必要とされる看護スキルが異なる

ケガや病気を持つ人と美容を求める人、それぞれに対して必要とされるスキルは異なります。先述したように、医療行為においては病院などで培ってきたスキルや経験を活かすことができます。

しかし、病院などでは培われにくいカウンセリング能力や接遇能力、そしてコミュニケーション能力も必要とされます。病院などで勤務していたときと同じような感覚で美容クリニックナースとして働かないように、気を付けなければいけません。

子育て期間には、看護師として働いていたときとは異なるコミュニケーション能力などを活用するものです。また、子育て期間というブランクと現場から離れた経験があるからこそ、客観的に自分を見つめ直すことができるものです。これらを利用して、美容外科クリニックナースとして活躍するようにしましょう。

他科への転職に不利

病院の看護師として復帰したいと考えたときに、「美容外科での勤務経験は臨床経験に含まない」とされている場合があります。これは病院と美容クリニックでは求められる看護観やスキルが異なる部分が多いためと考えられます。これによって、中途採用の給料が下がることもあるので注意しましょう。ただ、現実には美容クリニックで培われたカウンセリング能力・接遇能力・コミュニケーション能力は病院でも活かすことができるでしょう。面接などでしっかりとアピールできるように工夫してみましょう。

クレーム対応が大変

美容外科クリニックには美容に対するコンプレックや深い悩みを抱えている人が多く来院するものです。そのため、デリケートな対応やカウンセリング・ケアが求められます。しかし、それらの対応が上手くいかなかったときにはクレームに発展してしまうことが少なくありません。また、美容クリニックの多くは自由診療によって保険の効かない実費でお客様が支払いをすることがほとんどです。それゆえに、サービス業という観点からもしっかり対応することが求められます。

ママナースにとって大切な土日祝・繁忙期に休みにくい

美容クリニックではお客様目線が必須であるため、土日祝や夏休み・GW・年末年始などの繁忙期に営業をしていることがほとんどです。特に、大手の美容クリニックでは年中無休にしているところもあります。夜勤などが無いために生活リズムを整えやすいものですが、その一方で休めない可能性があることも必ず念頭に置いておきましょう。ママナースが家族との時間を作るために大切な土日祝・繁忙期に休めないことはデメリットとなります。

子育てからの復帰で美容クリニックを選択するときに考えること

復帰後の生活について、家族で話し合う

美容クリニックに限らず、復帰後には生活が大きく変化します。これまで通りに育児や家事を行うことができないため、改めてそれらの役割分担を見直す必要があります。例えば、保育園への送り迎え・掃除や洗濯・食事の準備や片付け・買い物といった毎日行うものは、役割分担を決めやすいでしょう。ちなみに、役割分担について考えるときには、しっかりと決めすぎないこともポイントです。夫婦でゆとりをもたせておき、柔軟に対応できるようにしておくことも大切です。

復帰後に子どもはどうするかを考える

特に、子どもをどうするかを考えることは大切です。日中は保育園、通勤経路にある保育園でお迎えを楽に行う、子どもが体調を崩したときには夫婦が交互で休むようにするといった条件を決め、職場を探すようにしましょう。美容クリニックでは残業が少ない業界ですが、繁忙期には休みが取りにくいものです。このような事情を踏まえて、子どもをどうするのかを考えてみましょう。

美容クリニックに必要な知識を予習しておく

美容クリニックでは、ブランクOK・未経験者OKとされている職場が多いものです。しかし、いざ子育てからの復帰で働くことを考えると不安があるものです。そこで、これまで経験してきた看護師としての知識や経験を復習することはもちろん、美容クリニックナースとして働くことを想定した予習もしておくようにしましょう。最近ではネットでも様々な勉強できる媒体があったり、看護協会が無料で復職支援研修を行っていたりするものです。

参考:東京ナースプラザ「復職支援研修」

子育て復帰後のママナースがいるか調べる

子育てからの復帰後には、ママナースだからこそ理解できる様々な問題があります。そのため、復帰後の職場にどれだけママナースがいるのかを調べておきましょう。後述する転職サイトのエージェントを活用して、職場の実情を調べるようにお願いしましょう。

職場復帰はエージェントが手厚い転職サイトを利用しよう!

子育て後の復帰には、転職エージェントを活用しよう

職場を探すとき、ハローワークや求人広告を使う場合があります。それらは気軽に多くの情報を手に入れることができますが、その職場があなたにぴったりかどうかまでをリサーチしてくれません。そこで利用したいのが転職エージェントです。あなたの知識・技術・好み・条件などはもちろん、復帰に際して抱えている不安や疑問などを基に、あなたに合った職場を探してくれます。特に、子育て後の復帰では十分な就職活動を行うことができないことがほとんどです。無料でたくさんの情報収集を行ってくれる転職エージェントのサポートをフルに活用するようにしましょう。

転職サイトは複数登録しよう

転職サイトはたくさんありますが、どこもそれぞれに独自の求人や戦略を持っています。また、転職エージェントもそれぞれに転職に対するノウハウを持っています。そのため、転職活動を有利に進めるためには、複数の転職サイトに登録して情報収集を行うことがおすすめです。具体的には下記で紹介するサイトに転職エージェントと相談をします。そのうえであなたがぴったりの転職エージェントを選び、サポートしてもらいましょう。

子育てで時間がない人におすすめ「看護のお仕事」

看護のお仕事は全国対応の看護師向け転職サイトです。その最大の特徴は、業界NO.1の求人数を保有していることです。あなたがどこで働くこともサポートしてくれます。さらに、24時間電話対応可能であり、不安になったときや疑問が浮かんだときにはすぐさま相談することができます。子育てが落ち着いたとはいえ、時間のない場合にもぴったりのサポート体制です。

実際の口コミでは、子育てで忙しいなかでの転職活動をしっかりとサポートしてくれていることを感じます。

「子どもの中学校進学をきっかけに「今のお給料ではきびしいな…」と転職を決意しました。最初は転職サイトの存在を知らず自分で何とかしようとしましたが、仕事と家事で毎日が精一杯!転職活動する時間がなく諦めていたところ、偶然ネットで見つけたのが「看護のお仕事」でした。」

引用:看護師のお仕事 公式HP

今すぐ登録する

美容クリニックナース復帰後の姿を知れる「看護プロ」

看護プロの特徴は内部情報を詳しく教えてもらえることです。それは看護プロを実際に利用した人たちが転職後にアンケート回答しており、その膨大なデータがあるためです。病院の内部情報を持っていることで職場の雰囲気、人間関係、求人票には出ない実情などを知ることができます。生の声を参考にすることで、よりあなたに合った職場を選べます。ただ、対応エリアが関東・東海・中部に集中しています。該当しているエリアで求人を探していればおすすめです。

口コミでは働きやすい職場を紹介するために、しっかりと考えや気持ちを汲み取ってくれることがうかがえます。

「お仕事を探すにあたっては、生活背景や私情を踏まえなければなりませんので、話しづらいことが多くありますが、担当の方には自然と話すことができました。そのような雰囲気を作って下さっていたと感じます。また、他社の紹介会社の方とは違い、紹介して頂いたお仕事を強く勧めることはなく、常に私の考えや気持ちを重視して下さいました。疑問や不安に思う点について、すぐに対応してくださり感激しました。担当の方のおかげで、今の生活に合った職場をみつけることができたと、非常に感謝しております。」

引用:看護プロ公式HP

美容クリニックナースへの復帰を徹底支援「ナースではたらこ」

ナースではたらこは、アルバイト求人のバイトルなどを手掛ける大手の看護師向け転職サイトです。その特徴は逆指名を採用していることです。あなたが「美容クリニックの求人はありませんか?」と気になっているクリニックがあれば、そこに求人があるかを確認してくれるシステムです。美容クリニックナースとして働きたいと心に決めているときには、このような逆指名はぴったりですね。もちろん、対面支援などを採用しているために抜群のサポート体制です。楽天リサーチの調査でも看護師満足度1位を獲得しています(2015年4月、20~40代)。

実際に利用した人には、子育てと両立しつつ日勤・常勤への転職で約2倍の給料になった事例もあります。この転職でキャリアアドバイザーは

「当初の通勤希望時間は30分でしたが、他の希望条件を優先して、通勤時間45~60分の病院を紹介いたしました。通勤時間が希望よりも長くなってしまいましたが、その他のメリットを感じていただけたこともあり、初回の面談から10日ほどで入職が決定しました。」

とコメントしており、手厚いサポートがあることがうかがえます。

引用:ナースではたらこ公式HP(転職成功事例)

今すぐ登録する

美容クリニック求人数と子育て後復帰にも強い「マイナビ看護師」

マイナビ看護師は3年連続認知度NO.1を獲得している、日本最大級の転職サイトです。そのため、多数の求人を持っていることはもちろん、公開すると殺到するために非公開としている求人もたくさん持っています。また、マイナビ看護師では美容クリニックの看護師求人に関する特集ページを用意するほど、美容クリニックに力を入れています(2019年9月現在、美容クリニックに該当する公開求人数は604件あります)。もちろん、専属のエージェント(キャリアアドバイザー)があなたの転職活動を手厚くサポートします。

実際の口コミでは、仕事と家庭の両立をサポートしていることがうかがえるものもあります。

「担当の方には、電話でお伝えした履歴や転職の理由、現在の家族状況、今後のライフプランなどを十分考慮して頂きました。求人情報も絞りこんだものが早急に連絡下さりました。マイナビ求人サイトの豊富な情報や担当の方の腕の見せ所を感じました。また、メール連絡も密でかつテンポ良いものであったと思います。」

引用:マイナビ看護師 みんなの体験談

今すぐ登録する

高い採用率で美容クリニックへの復帰を後押し「ナースパワー人材センター」

ナースパワーの最大の特徴は採用率の高さにあります。これは求人先の紹介料(クリニックがあなたを採用したときにかかる紹介料)が他社に比べて1/4~1/2と非常に低料金になっており、クリニックの費用負担を大幅に軽減していることにあります。美容クリニックナースは給料が高いことが多いために紹介料も高くなりがちですが、これによって採用への意欲が高まるのです。また、看護師紹介を30年以上続け、多くの求人数もあります。もちろん、美容クリニックの専用ページを作っており、かなり力を入れています。

ナースパワーでは丁寧なサポートをしていることが、スタッフから伝わってきます。

引用ツイート:

引用ツイート:

今すぐ登録する
 

まとめ

この記事では、子育てからの復帰後に美容クリニックナースを考えている看護師さんに向けて、美容クリニックで働くメリットとデメリットを紹介しました。そして、最後には美容クリニックへの転職活動を行うときに使いたい転職サイトを5つ紹介しました。美容クリニックナースはとても魅力的な仕事です。是非とも参考にしてくださいね。

02_writer_komiya
小宮さき
大学卒業後大手生命保険会社での営業サポートを経て、大手メーカーで人事採用に長らく従事。採用事務から採用戦略の策定まで企業での採用業務経験を活かし、採用、転職、職業紹介のフィールドをメインとするライターに。月に数十件の記事を手掛ける。