転職支援金・祝い金制度がある看護師転職支援サイト

eyecatch-p

転職支援サイトの中には入職が決まった登録者に対し、年収に応じた転職支援金(転職祝い金)を支給しているところがあります。

金額は年収に応じて変わってきますが、最大で40万円まで支給してもらえるところも。これだけの金額をもらえたら嬉しいですよね。ここでは支援金祝い金制度があるおすすめの看護師転職支援サイトピックアップしてご紹介、支給制度のある転職支援サイトを利用するときの注意点なども説明していきます。

「今の職場を辞めたあと、しばらくゆっくりしたい」「美容クリニックで働きながら、自己啓発 やスキルの向上をはかりたい」

という方、必見です!

就職支援金はなぜもらえるの?

「無料登録できて仕事を紹介してもらえるのに、転職支援金までもらえるのはどうして?」「就職支援金の支払いがある支援サイトはその分、サービスの質が低いのでは?」

「転職支援金がもらえるなんて、怪しくない?」

こんな疑問を持った方もいるかもしれません。では、なぜ看護師の転職支援サイトは無料で登録、利用できるのに入職しただけで就職支援金がもらえるのでしょうか。

転職支援サイト(人材紹介会社)は人材を紹介し、求人先(クリニックや病院)から紹介手数料を支払ってもらうことで経営が成り立っています。

紹介手数料の金額は人材紹介会社によって異なりますが、一般的には 求職者の年収の30~35%程度が相場となっています。例えば、あなたが年収450万円だとすると人材紹介会社側に入る手数料は1,350,000~1,575,000円にもなるのです。これが人材紹介会社を無料で利用できる理由です。

転職支援金は利用者への利益還元

同じ人材紹介を行う会社でも、事務系の派遣会社では、登録者のスキルアップのためOAスキルや各種資格取得のためのセミナーを開催するなど費用をかけて教育訓練を行っています。でも、看護師の場合、すでに求職者が国家資格を取得しているため、人材紹介会社がお金をかけて教育する必要はありません。

人材紹介業界のなかでも、看護師の転職支援サイトは少ない経費で大きな利益を上げることができる「利益率」が非常に大きいビジネスなのです。転職支援金を支給している人材紹介会社は、この利益(紹介手数料)の一部を求職者に還元しています。

転職支援金自体が広告効果をもたらすことも

支給がない人材紹介会社は紹介手数料としてあげた収益をタレントを起用した広告宣伝費などに回していると考えられます。大手の転職支援サイトなどはほとんどがこうした経営スタイルを貫いているようです。

転職支援金を支給している人材紹介会社は収益を還元することで、看護師さんたちのモチベーションアップにつなげたいという想いがあるようです。また、転職支援金を支給することで看護師さんたちの間でその人材紹介会社の評価があがって人が集まりやすくなり、結果として広告宣伝費と同じような効果が得られるという側面もあります。

転職支援金があってもサービスの質に影響はなし

転職支援金は人材紹介会社が捻出しているわけではなく、収益の中から還元されるもの。したがって、転職支援金の支給がある=人材紹介会社のサービスの質が悪いということはありません。胸を張って受け取りましょう!

まれに「転職支援金のあるサイトから入職する看護師はクリニック側が嫌う」という意見も目にしますが、転職支援金のほとんどを負担するのはクリニックではなく人材紹介会社です。「いい看護師を紹介してもらえるなら多少高い手数料を支払ってもいい」と考えるクリニックがあっても支援金の有無で人材紹介会社を選ぶことはあまりないでしょう。

もちろん、転職支援金ありきで仕事を探すのはおすすめしませんが、同じクリニックに入職するのに、転職支援金があるのとないのとでは大違いですよね。複数の転職支援サイトをチェックして、同じクリニックや似たような勤務条件のクリニックを紹介してもらえるなら、転職支援金があるほうを選ぶ…そんな風に考えてみてはいかがでしょうか。

転職支援金の支給がある転職支援サイトはココ!

ここからは、転職支援金の支給があるサイトをおすすめ順に紹介していきます。

「転職支援金〇〇円支給!」と大々的に謳っていても、実際は年収や勤務体系などによって支給される金額は異なります。多くの場合、支給される最大額を表示しているので、実際に入職してみたら違った…ということがあるかもしれません。転職支援金をもらいたい!というときは、登録した時点でどのくらいもらえるのか担当者に確認してみると良いでしょう。

ジョブデポ看護師

就職支援金の支給がある転職支援サイトの中でも美容外科の求人数が多いのがジョブデポ看護師です。2019年5月現在の美容外科の求人数は1,182件。非公開求人も多いサイトとして、年間2万人の看護師が利用しています。(ジョブデポ調べ)なお、ジョブデポでは就職支援金を「お祝い金」という名前で支給しています。

今すぐ登録する

他社の求人もジョブデポ看護師を通して入職できる!

現在で美容整形や豊胸手術といった従来の施術に加え、プチ整形にも力を入れています。※高須クリニックHPより

看護師の皆さんが転職を考えたとき、ほとんどの方が複数の就職支援サイトに登録するはずです。場合によっては就職支援金の支給がない転職支援サイトから先にお仕事の紹介があるかもしれません。

「なかなかよさそうなクリニックだし、ここの面接を受けてみたいけど就職支援金はもらえない…」そんなとき、上手に利用したいのがジョブデポ看護師なんです。

ジョブデポ看護師を使ってお祝い金をもらう裏ワザ

例えば、あなたが転職支援サイトAからBクリニックを紹介されたとします。 Bクリニックの待遇や条件が良く、 ここで働きたい!と思ったら、転職支援サイトAを通して面接日を決める前にジョブデポ看護師の担当者に相談しましょう。

クリニック側は求める看護師が入職してもらえれば、紹介してくれる会社が転職支援サイト A であっても、ジョブデポ看護師であっても何ら変わりはありません。そのため、ジョブデポ看護師の方から B クリニックにアプローチして入職すれば、あなたは希望通りのクリニックで働くことができ、かつ転職支援金も手にできるのです。

他のサイトの求人をジョブデポ看護師で紹介してもらったら…

「それって大丈夫なの?私のプロフィールがBクリニックにダブって渡されたりしない?」

「転職支援サイトAの担当者に怒られない?」

と不安になるかもしれませんが、それは大丈夫。個人情報なのであなたが面接を受ける意思表示をしなければプロフィールなどが先方に渡されることはありません。そのため、必ず面接日を決める前にジョブデポ看護師の担当者に連絡するようにしてください。

また、後日、転職支援サイトAの担当者から「どこのクリニックに入職したのか」と尋ねられた場合、どう答えたらいいのかはジョブデポ看護師の担当者に相談することをおすすめします。

原則として入職する勤務先名を他の人材紹介会社に伝える必要はありませんが、将来的にまた転職支援サイトAのお世話になる可能性があることも考え、トラブルにならないように対応しておくべきでしょう。

ジョブデポ看護師はお友達紹介もあり!

ジョブデポ看護師では、お友達の看護師さんを紹介しその方がジョブデポを通して入職すると、あなたに5万円プレゼント!というキャンペーンも行っています。こちらのキャンペーンはいつまで行われているか不明なので、担当者に確認するようにしてみてください。

ジョブデポのお祝い金の金額と支給条件

ジョブデポ転職支援金の具体的な金額は「事業所(クリニック)から支払われた紹介手数料のおよそ半分」としており、具体的な金額は明確にされていません。支払いの条件は3カ月以上、勤続していることが目安ですが、この条件も明確にされていないので登録時に確認することをおすすめします。

ナースJJ

実際に転職した看護師さんからも人気が高いナースJJ。 「人材紹介会社にありがちなしつこい電話がなくて助かった」「対応が早くて好印象」「他の人材紹介会社よりも親身になってくれた」と言った口コミも多く寄せられています。

転職支援金の支給についても、年収に応じていくら支給されるという基準を明確に公開しているのが特徴です。

今すぐ登録する

ナースJJの転職支援金制度早めの登録を!

なお、ナースJJの転職支援金支給は2019年6月30日までに登録した人が対象となります。ただ現在も公式サイトには支援金の説明ページがあります。今すぐ転職したいわけではない、という方もひとまず早めに登録しておくとよいでしょう。

ナースJJの転職支援金の金額と支給条件

転職後の想定年収 支給額 支給時期
300万円未満適用外適用外
300万円以上最大5万円3ヶ月後と6ヶ月後に2分割支給
400万円以上最大10万円3ヶ月後と6ヶ月後に2分割支給
500万円以上最大20万円3ヶ月後と6ヶ月後に2分割支給
600万円以上最大35万円3ヶ月後と6ヶ月後に2分割支給

ナース JJ が紹介してくれる求人の中には転職支援金の支給対象外となる案件もあります。また、転職支援金の支給は支給されるタイミング(3か月後、6か月後)も継続して勤務していることが条件です。なお転職支援金を一度受給された場合、原則として以後の転職でナース JJ を利用しても支援金は支給されません。

また、転職支援金の支給は業務委託契約書の提出とアンケートへの回答が条件となります。

看護プロ

看護プロは関東·東海·中部地方の求人を中心に紹介している就職支援サイトです。美容外科の求人は全体で60件程度と、求人数がずば抜けて多いわけではありませんが、医療に詳しいコーディネーターが求職者に合ったクリニックを探してくれるとして、口コミ評価が高くなっています。

「嫌な求人は断ってください!」とサイトでも明記しているほどで、 こだわりの条件も踏まえて紹介してくれます。また、コーディネーターはクリニックの内部事情や雰囲気にも詳しいので、面接を受ける前に希望に合ったクリニックかどうか自分で判断しやすいという声も。

転職支援金の金額としてはそれほど多くありませんが、もらえないよりはいい!という方は是非チェックしてみてください。求人数がそれほど多くないので、他の転職支援サイトと合わせて登録するのがおすすめです。

今すぐ登録する

看護プロの転職支援金の金額と支給条件

「お祝い金キャンペーン」中に、看護プロを利用して入職した看護師さんが対象です。お祝い金の支給額は、常勤(夜勤あり)3万円、常勤(日勤のみ)2万円、非常勤1万円となっています。半年以上勤務していることが支給条件となります。

支給されるタイミングは入職から半年後、一括で支払われます。その際、アンケートの返信が条件となりますので注意しましょう。

良心的な転職支援サイト・看護プロ

「この病院に家族や友達を入院させたくない」。看護師として働いているとこんな風に感じる勤務先に当たってしまうこともあるのではないでしょうか。

転職支援サイトの中にはこうした内情を知っていながら、クリニックから紹介料を得るために求職者に紹介するところもあるようです。

看護プロでは「自分の友人や家族が転職するときでもすすめられるサービスの提供」を目指しています。仮にクリニック側が「人材紹介会社を通して採用はしないけれど、直接応募は受け付けている」という場合、求職者に「直接応募なら可能性があります」と率直に伝えるようにしているそうです。

もちろん、この場合、看護プロとしては1円の利益にもなりませんが「看護師が満足する転職」には役立つことになります。このような真っすぐなサービスを提供しているのが看護プロなのです。求人数は少なくても、登録してみる価値は充分にあるサイトと言えるでしょう。

転職支援金、祝い金がある看護師転職支援サイト・まとめ

転職するにあたり転職支援金や祝い金がもらえるというのは、働く側にとっては嬉しいサービスです。とはいえ、転職支援金や祝い金支給の有無だけを基準にするとあなたの可能性を妨げてしまうことがあるので注意してくださいね。

美容外科や美容皮膚科は日勤が基準となるため、転職支援金も「夜勤アリの常勤」に比べ安くなることがあります。それでも、その転職支援サイトを通じて紹介してもらうメリットがあるかどうか、考える必要があるでしょう。

転職を考えたら、まずは複数の転職支援サイトに登録すること。そして重要なのは「仕事内容が自分のやってみたいことかどうか」「無理なく通える条件か」「納得のいく待遇か」といった点です。その上で転職支援金がもらえれば、ラッキーと考えるようにようにすると、ストレスなく転職活動ができますよ!

02_writer_komiya
小宮さき
大学卒業後大手生命保険会社での営業サポートを経て、大手メーカーで人事採用に長らく従事。採用事務から採用戦略の策定まで企業での採用業務経験を活かし、採用、転職、職業紹介のフィールドをメインとするライターに。月に数十件の記事を手掛ける。